小児歯科

いやがるお子さんには無理には治療しない方針です。

原則、無理には治療しない方針です。

異常に腫れた場合を除き、乳歯の痛みで緊急を要することは多くはありません。

初診時にモニター上で様々な資料をご覧いただき、原因、予防法、治療の仕方を説明し、生活習慣など根本的なことを一緒に考えていきます。

どうしてもいやがるお子さんには一方的に治療を進めるのではなく、進行止めを塗り、歯磨き指導や食生活の改善など予防に力を入れ生活していただきます。それと同時に定期的に通院していただき、お子さんとの人間関係を作ることで治療に結びつけていきます。

また、お母様やご兄弟と一緒に通院されると、より安心して治療に臨めるお子さんが多いようにも思います。

通院が少しでも楽しみになるように、待合室には素敵な絵本やお楽しみのガチャガチャなどを用意しております。